相続税の申告期限はあるのですか?

2017.06.07

相続税の申告期限は、被相続人が死亡した日の翌日から10カ月以内です。

10カ月というと、一年近くありますから、余裕で間に合うと思いがちですが、人がひとり亡くなったあとの手続きは、想像している以上にたくさんあるため、10カ月などあっという間に過ぎてしまいます。

また、相続に関しては、遺産の把握、分配(遺産分割協議)なども10カ月以内に明確にしなければならないため、非常に短い期間で行わなくてはなりません。

申告期限を超えてしまうと、ペナルティが生じ、別途、無申告加算税などが追加で徴収されます。

こうしたことがないように、早めに税理士などの専門家に相談し、相続準備をしっかりと行っておくことが大切です。

相続は身内でもめるケースも多々ありますから、専門家に相談し、公平かつ適切なアドバイスのもとに進めていくことをお勧めします。